腰痛の85パーセントは原因不明?腰痛は〇〇が痛みをだしている!

 腰痛は国民病

 

 

 

今回からは腰痛シリーズとして腰痛について解説していきます。

 

 

現在の日本では4人に1人が腰痛を経験したことがあると言われていて国民病とも呼ばれています。

 

 

ですが、

 

 

タイトルの通り腰痛の85%は原因不明と言われています。

 

 

この85%の腰痛を非特異的腰痛といいます。

 

 

言い換えると15パーセントは原因が分かっているということです。

 

 

原因の分かる腰痛

 

 

上の図のように原因の分かる腰痛の中には

 

 

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

圧迫骨折

がん

内臓疾患

 

 

などが含まれています。

 

 

つまりレントゲンやMRI、血液検査など画像や数字で表せるものとなります。

 

 

または投薬・ブロック注射・手術などの西洋医学的なアプローチで解消される腰痛のことをいいます。

 

ヘルニアや狭窄症の中にも原因不明が?

 

 

原因の分かる15パーセントの中に含まれるヘルニアや脊柱管狭窄症ですが、

 

 

実はこの中にも原因不明の腰痛が含まれることがあります。

 

 

このブログを読んでいる方の中にもレントゲンやMRIを撮ってヘルニアと言われたことがある人もいると思います。

 

 

では、

 

 

下の図を見てください。

 

 

 

こちらは、

 

 

腰痛を訴えない人を検査した結果76%にヘルニアがあったという調査結果です。

 

 

さらに真ん中のグラフは老化変形といって

病院でレントゲンを撮り

 

 

「軟骨が減ってますよ」

「年で骨が潰れてますよ」

「骨が変形しています」

 

 

と言われるものです。

 

 

こちらに至っては腰痛を訴えない人の81%に老化変形が見られたいうことです。

 

 

この調査結果を見る限りでは

 

 

ヘルニアや骨に異常があるからといってもその全部が腰痛の原因となっているとは言えないでしょう。

 

 

もしヘルニアや年齢が腰痛の原因ならばヘルニアがある人やご老人全員に痛みが出ていなければいけませんから。

 

 

そうすると原因不明の腰痛の割合はもう少し高くなり90~95%ぐらいになるのではないかと思います。

 

 

※ヘルニアや老化変形についてはまた別の機会に詳しく解説します。

 

 

 

腰痛は何が痛みを出しているのか?

 

 

 

では、ここで本題にいきます。

 

 

原因不明の腰痛は何が痛みをだしているのでしょうか?

 

 

それは、、、

 

 

筋肉

 

 

です。

 

 

正確に言うと筋膜です。

 

 

痛みというと神経や骨が痛みを出していると思われる方が多いようですが、

 

 

90%は筋肉の痛みと考えていいと私は思っています。

 

 

 

身体をしることが大事

 

 

 

 

このあとに痛みのメカニズムを説明します。

 

 

痛みのメカニズムを知れば腰痛にもしっかり対応が出来るようになります。

 

 

例えば、車の構造を知らない人に車の点検や修理ができないのと一緒です。

 

 

車を自分で検査・メンテナンス・修理する場合でも最低限の知識は大事になってきますよね?

 

 

なので、ご自身でストレッチやマッサージをする場合でも最低限の体の知識を持っているとアプローチが断然に変わってきます。

 

 

痛みのメカニズム

 

 

では、次に痛みのメカニズムについて説明します。

 

 

痛みはどのようにして引き起こされるのか?

 

 

(ここでいう痛みは骨折や打撲などの怪我の痛みではなく、原因の分からない痛みを指します)

 

 

 

①何かしらの要因により筋肉に負担がかかり疲労・緊張する。

 

 

②疲労・緊張により筋肉が硬くなり血管を圧迫して血行不良になる。

 

 

③血行不良になると疲労物質が溜まったり、酸素や栄養が補給できず不足する。

 

 

④するとさらに筋肉は硬くなり血行不良になる。

 

 

⑤筋肉が酸素・栄養不足になると痛み物質が出る。

 

 

⑥神経の受皿が物質を受け取り脳に送信。

 

 

 

⑦痛みとして認識

 

 

 

簡単に言うと

 

 

筋肉が疲労・緊張し血行不良になり痛くなる

 

 

です。

 

 

例えるならば火災報知機です。

 

 

火災報知機はセンサー(神経の受け皿)が熱や煙(痛み物質)を感知してベル(痛み)を鳴らして危険を伝えます。

 

 

なので痛みというのは悪いことではなく

 

 

痛みがある部位に異常があるよ!

負担が掛かっているよ!

 

 

と教えてくれている身体からのサインといえます

 

 

 

まとめ

 

 

 

①腰痛は4人に一人が経験する

 

 

②原因の分からない腰痛が85%

 

 

③ヘルニアや狭窄症でも痛みとは関係ないことがある

 

 

④痛みは筋肉の緊張による血行不良

 

 

⑤痛みは体からのサイン

 

 

 

 

今回は多くの腰痛が筋肉の緊張ということをお話ししました。

 

 

では筋肉の緊張を取れば腰痛は解消されるよね?

 

 

ということになります。

 

 

ですが、

 

 

なぜ筋肉が緊張してしまったのか?

 

 

 

その原因が分からなければ緊張の取れた筋肉は原因が残ったままなので痛みが再発してしまいます。

 

 

痛みというのはあくまでも様々な過程を辿って最終的に結果として痛みが出ている状態です。

 

 

なので、筋肉が痛くなった(筋肉の緊張・血行不良)原因を取り除くことが大切になってきます。

 

 

 

次回はなぜ筋肉が緊張してしまうのか

 

 

その原因を解説していきます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    (金曜日, 27 1月 2017 02:21)

    驚いたのが、腰痛の原因が85パーセントもわかってないんですね!
    確かに、腰が痛いなぁと思っても原因は何か?と
    聞かれてもわからないです。
    血行不良かなぁと思うときは湯船にたくさん浸かったりもします。
    筋肉の緊張というのは、初めて知りました。
    次回のブログがなぜ筋肉が緊張してしまうか?
    とのことなので、知りたいと思ったことが
    知ることができそうで嬉しいです。
    腰痛!と一言で言っても、とっても深いなぁ。