腰痛は一回の整体で解消されるのか?

今回は少し姿勢の話しから変わって、クライアントから良くある質問の一つである

 

「腰痛は一回で解消されるのか」

 

について解説します。

 

実は先日、新規でご来院された方の二回目の施術がありました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「状態はどうですか?」

 

クライアント

「変わらない。むしろ悪くなった」

 

「かわらなかったですか。少し悪化しましたか。」

 

クライアント

「一回で良くならないの?」

「カイロプラクティックは一回で良くなるわよ」

「ここは一回で良くならないとこなのね」

 

「なるほど。少し説明しますね」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このようなやり取りがありました。

 

ではまず

 

 

「一回で良くならないの?」

 

 

についてお話しさせて頂きます。

 

こちらのクライアント様は非常に忙しいということで、

 

「一回で腰痛を解消したい」という希望と

 

「一回で良くなるもの」という考え

 

があったようです。

 

 

           

南栗橋駅前整体院の見解

            

 

 

当院では、本来、

 

 

「一回で楽になりたい」、「一回で解消したい」

 

 

 

いという方はお断わりさせてもらっています。

 

 

ホームページでもその有無を記載させてもらっています。

 

※トップページを参照

トップページ

 

 

また

 

「一回で良くならないの?」

 

についても

 

ホームページとご来院者に渡す小冊子で当院の考えを記載していいます。

 

 

※「よくある質問」を参照

よくある質問

 

 

このようにホームページと小冊子でできるだけ当院の考えを伝えて、

さらにご来院時に口頭でも同じ内容をお話しさせてもらい、

ご理解頂けるよう務めています。

 

 

この「一回で」というのは良く聞かれますし、確かに上にも書いてある通り、一回で楽になる場合もあります。

 

 

当院でも1割ぐらいの方は一回で8割方良くなる又は完全に良くなることがあります。

 

しかし基本的には一回で全て楽になることはありません。

 

 

 

では、なぜ一回で楽になれると思ってしまうのか。

 

 

 

 理由は?

 

 

 

①一回で楽になった経験がある

 

一度、他の整体やカイロプラクティックなどで、一回で解消した経験があると今回も一回で楽になるだろうと思うことがあります。

 

ですが、痛みの度合いや腰痛の種類によって楽になるまでの時間は違います。

 

なので、毎回、一回で楽になるとうことはないかと考えます。

 

 

 

②テレビや雑誌・本などのマスコミによる影響

 

テレビや本などで、

 

「1日1分で解消!」

「30秒寝るだけで腰痛とオサラバ!」

「ゴッドハンドを持つ整体師により一回で腰痛が解消!」

 

などのようなのを聞いたり見たりしたことはありませんか?

 

このようなものを見聞きしているうちに

 

「一回で楽になる」

 

と思い込んでしまっている場合もあるようです。

 

 

③一回で解消するというのを売りにしている整体院や整骨院の存在

 

「一回で解消」を売りにする整体院などの影響で一回で楽になると思う方も多いようです。

 

このことについては、そのような整体院の考えや理論があると思いますので何ともいえません。

 

ただ、私の考えでは体というのは私達の手技で楽になるのではなく手技により自然治癒力が働き自然と楽になっていくものだと考えています。

 

風邪が薬を飲まなくても自然と楽になっていくのと同じです。

 

それが本当の意味での体が楽になるということだと思います。

 

 

 

楽になるにも段階と時間が必要

 

 

 

身体が楽になっていくには施術の計画が必要です。

 

今のあなたの身体の状態に合わせて、

 

 

「まずは筋肉の調整」

「次に歪みの調整」

「関節の可動域の調整」

 

 

などのように段階を踏んでいきます。

その為には時間も必要となります。

 

 

例えば、あなたが建築家だと思ってください。

そして、お客様から家を建てたいと要望があったとします。

 

 

その時にお客様から

 

 

「相談・設計・建設・入居まで全て一カ月でやってくれ!」

 

 

などと言われたら

一般的に考えてお断りしますよね?

 

というか

 

実際にそれで建つ家があったら逆に

 

 

「ちゃんと要望は聞いてくれた?」

「耐震性は大丈夫?」

「手抜き工事されないよね?」

 

 

不安で仕方ないです。

 

 

身体も一緒です。

 

 

しっかりと楽にしていくには施術計画を立てて行っていくことが必要なのです。

 

 

痛めたのはあなた自身

 

少し厳しいことをいいますが身体を痛めてしまったのは

 

あなた自身

 

ということです。

 

 

痛みというのはあなたの体の声です。

 

 

今まで無理して頑張ってきた肉体や心が身体を休ませてほしいというサインです。

 

 

痛みは辛いものです。

 

私自身も「慢性腰痛」と「ぎっくり腰」で辛い思いをしました。

 

 

なので

 

 

一回で楽にしてほしい!

なんとかしてほしい!

すぐに痛みはなくならないのか!

 

 

こういった気持ちはすごく分かります。

 

 

ですが

 

 

そんな時こそ一度立ち止まって

 

 

なぜ、その痛みが出てしまったのか?

 

 

を考えてみてみませんか。

 

 

そうすれば

 

 

一回で楽にしてほしい!

なんとかしてほしい!

すぐに痛みはなくならないのか!

 

 

このような考えはなくなると思います。

 

 

ご自分の今の状況を謙虚に捉えことで回復の大きな一歩となります。

 

 

 

次回は「痛みが悪化するケース」をお話しします。