現在、日本では3000万にもの人が腰痛に悩まされています。

そして、その8割以上の人が原因不明とされ、不安と辛さの中でなかなか楽にならない腰痛と対峙しながら日々の日常生活を送っています。

 

病院に行っても「骨には異常がない」、「年相応です」、「軟骨が潰れてます」などと言われ、薬と湿布だけ渡されて終わりという人がたくさんいます。

 

当院では腰痛を筋肉・筋膜・骨格・関節・内臓などの機能的な部分とストレス・自律神経などの心因性の部分の2つの面からみていきそれぞれの状態に合った施術を行い腰痛の解消を目指します。

もみほぐし屋・リラクゼーションや癒し系の整体院などのほぐしやストレッチで楽になるのは程度が軽い場合のみです。

 

長年のこり・痛み・違和感、我慢できないような痛みの多くは、様々な生活習慣が積み重なり、腰の骨の歪み・全身の骨格の歪み・バランスの悪さが起こったことが原因です。

 

歪みの場所、歪み方、歪みの範囲によって痛みの出方が違います。我慢できない痛みや1ヶ月以上痛みが続く場合は、痛み・違和感のある場所だけでなく、全身を調整をしないと痛みが楽にならないことが多いので施術を受けることをオススメします。

 

痛みの原因となる歪みを調整しないために、腰の痛みが軽くならずに悩み続けることになってしまいます。

多くの腰痛の原因は生活習慣から引き起こされていることがほとんどです。

 

 

疲労・動作・食事・睡眠・思考パターン・体の使い方

 

などが習慣として繰り返されていくうちに体の歪みや筋肉の緊張、自律神経の乱れ、内蔵疲労などを引き起こし腰痛として体に現れてきます。

 

筋肉疲労などの通常の腰痛の場合、2,3週間もすれば痛みが軽くなってくることが多いのですが、骨格の歪みが大きい場合、2,3ヶ月以上たっても継続して痛みが発生すことが多いのです。

 

この段階から腰痛に悩む方は、複数の整体院・カイロなどを転々としながら腰痛に悩まされることになります。

 

特に6ヶ月以上続く痛みや違和感は、筋肉、の疲労・こりではなく、骨格のバランスが歪んでいることが原因のため、ほぐしや他の整体では痛みが和らぐことがありません。

 

また、全身の骨格の歪みが調整されないまま、腰痛が長期化すると、腰全体、お尻の周辺が鈍痛のように痛くなったり、股関節から足の方にまで痛み、違和感が出てきます。

 

この状態になると放っておいても痛みが楽にならないので、長期間辛い思いをします。

 

当院では、この長期にわたる腰の痛みを引き起こす骨格の歪みを無理やり強い力で押したり、長時間揉みほぐすのではなく、やさしい手技で整えていきます。また、痛みの原因が腰ではなく、他の場所にあることもあります。なので全身を調整していきます。

 

どこにいっても思うように楽にならない、結果がでない方、是非一度当院の整体をお試しください。

 

 

1.姿勢を変えた時、重いものを持ち上げた時などに何の前触れもなく突然激痛に襲われるタイプ

 

2.普段から違和感・痛みなどがあったが突然強い痛みに襲われ動けなくなるタイプ(全身疲労)

 

ぎっくり腰で来院される方は、主に上記の2タイプがあります。どちらも激痛、動けなくなると同時に、ぎっくり腰になるまでの過程は同じです。

 

突然痛みに襲われるか、時間をかけて一気に来るかですが、どちらもぎっくり腰の状態と言えます。

 

通常は2~3日すると痛みが引いてきて、1週間もすると何事もなかったかのように普通の生活が出来るようになる方もいますが、痛みがなくなったからといって、何も処置をしないでおくと、同じようにぎっくり腰を繰り返したり、慢性腰痛、坐骨神経痛になり、長い腰痛とのお付き合いが始まるきっかけとなる方も珍しくありません。

ぎっくり腰の原因は、普段の生活習慣による全身疲労です。

 

疲労が蓄積されると体の歪みが起こります。すると血液循環が悪くなり、疲労物質が蓄積し筋肉が硬くなったり関節の動きが悪くなります。

 

 

そして、今までは我慢できていた体が何かの拍子に限界を超えてしまい急激な痛みに襲われることを言います。

 

この全身疲労・体の歪みが改善されていないと、慢性腰痛や坐骨神経痛などになったり、ぎっくり腰を繰り返してしまう方も珍しくありません。

 

これは、骨格の歪みが調整されていないために、表面上は痛みが軽くなっても、根本の原因は解消されていない状態なのです。

 

当院へも過去に何度もぎっくり腰を起こした方が来ると、例え軽いぎっくり腰だとしても念のため、3回の施術を受けておくことをオススメします。

 

また、全身疲労とは別の理由でぎっくり腰になる方もいます。

急激な力が腰にかかったことにより、腰周辺の筋肉や靭帯などが傷んでしまった場合です。

 

このタイプの場合は、全身疲労のぎっくり腰に比べ楽になるのに時間や回数が多くなる傾向にあります。

ぎっくり腰は、強い痛みに、動けないという非常に辛いことです。

基本的には安静にするのが良いと言われています。たしかに安静にしていれば時間に経つにつれて痛みは徐々に引いてきます。

 

しかし、「家事があってずっと寝ていられない」、「仕事がある。休むわけにはいかない」、という方も多いかと思います。

 

当院では、強い痛みがある場合でも、緊張している筋肉を緩め、骨格の歪みを整えることで、少しでも動けるようにしていく整体を行います。

 

また、ぎっくり腰を繰り返さないために、ぎっくり腰を引き起こした骨格の歪み、全身のバランスを整えていきます。

 

ぎっくり腰で辛い思いをされている方、是非、当院の整体を一度お試しください。